ファッションセンスはカラーコーデで決まる

上手なカラーコーデのテクニックを紹介

Fashionable

上手なカラーコーデのテクニックを紹介

Fashionable

ファッションの基本はカラーコーディネートを意識することです。まず初めに、コーディネートに使う色を2、3色までに抑えるということです。2、3色に抑えることでまとまりのあるファッションになります。2つ目に、ベースカラーとサブカラー、アクセントカラーを合わせることです。最初にファッションの中でも主役となる色、つまりベースカラーを何にするのかを決めサブカラーや一部にしか使わないアクセントカラーを決めていきます。この3つの色を決めるときに重要となるのが色の系統です。例えば、ベースカラーを茶色にした場合はサブカラーに赤~ワインレッドを持ってくると色のばらつきを抑えることができ、まとまりのあるコーディネートができます。また、アクセントカラーは一部にしか使わないので、頭と足元に持ってくると全体のバランスを引き締めてくれる効果があります。

濃いめのアクセントカラーを選択することで、アイテムの使う幅が広がります。次にトップスとボトムスの配色についてです。トップスとボトムスの色を同じにしてしまうと、重く見えたり平べったいのっぺりとした雰囲気を出してしまします。同じ色を組み合わせる場合には、色を散らすことでまとまりがでます。トップスに明るい色、ボトムスに暗い色を選ぶと全体の雰囲気が落ち着いて見えます。配色に苦手意識を持っている方は、全体に安定感を与えてくれる黒やグレーを選ぶことでトップスの色を選択しやすくなります。また、活発的な雰囲気を出したいときには、トップスとボトムスの色を逆にします。白、ベージュ、水色など組み合わせが豊富にできる色を持っていると毎日の着こなしも簡単にできるようになります。